インプラントの下準備

インプラント治療の設備

インプラントのための設備とは

インプラントは手術前に様々な下準備が必要となります。レントゲンで平面的な検査だけではなくCT検査で立体的に検査を行い、診断の上綿密な治療計画を立てます。歯科用CTが院内に設備としてない医院の場合はCTセンターに出向いて撮影する必要がありますので院内にあればその手間は省くことができます。また、外科用の個室が完備されている医院では空気中のほこりや粉じんなどをコントロールできるので、よりクリーンな環境で施術を行うことが可能です。インプラントの手術を受ける歯科医院の選び方としては、まず院内での設備と環境をチェックしておきましょう。

設備が充実した歯科医院の選び方

インプラントは、歯を失ったところにチタンを埋め込み、その上に人工歯をかぶせる治療です。固定式なので入れ歯のように取り外しする必要もなく、本物の歯のような質感にすることができます。チタンを埋め込むときに手術が必要になりますが、正確な治療を行うためには歯科医院の選び方があります。それは、インプラントを行う際の充実した設備があるということです。CTやデジタルレントゲンがあると、事前の検査を精密に行い高い成功率につながります。手術室があれば、清潔な環境の中での治療が可能になり、感染などのリスクを抑えられます。

↑PAGE TOP